集中力を高める方法の本質は、ウィルパワーと時間術だと思う訳

どもども!

ゼンマヤン(@zenmayan)です。

集中力を高めたいって

って思うことありませんか?

f:id:zenmayan:20160726185749j:plain

何かに取り組んでいても

途中で気が散ってしまって

気がついたら

違うものに取り組んでいるケースって

ありませんか?

自分もそのようなケースに

よく陥っていたのですが

メンタリストとしても有名なDaiGoさんの

『自分を操る超集中力』を読んで

少しづつですが、

自分なりの集中力を高める方法が

できつつあります。

そんな

『自分を操る超集中力』の中でも

特に参考になった点を

お伝えできればと思います。

【目次】

集中力を高める方法_ウィルパワーについて

ウィルパワーの存在を認識し

理解するだけでも、

集中力を高めるヒントになると思います。

f:id:zenmayan:20160726200346j:plain

ウィルパワーとは

集中力をつけるために知っておかなければならないことが、1つあります。

それは、「集中力の源」についてです。

集中力が湧き出す泉は、あなたの額から2〜3センチ奥、前頭葉にあります。

※引用:自分を操る超集中力

私たちは進化の過程で前頭葉を大きくし、他の動物にはない力を獲得しました。

それが思考や感情をコントロールする力です。この力は「ウィルパワー」と呼ばれています。

※引用:自分を操る超集中力

脳の中でも集中力の源が存在する。

その集中力の源は、前頭葉であり

前頭葉を使って

思考や感情をコントロールする力を

ウィルパワーといいます。

わたしにとっては、

このウィルパワーの存在を知ることで

集中力の本質を理解できました。

集中力は、脳の仕組みなのです。

さらに

以下のように、

ウィルパワーは、有限です。

ウィルパワーにも一定の量があり、集中力を使う度に少しずつ消耗していきます。

※引用:自分を操る超集中力

ちなみに、薬草や魔法を使えば体力が回復し、睡眠によって魔力が戻るように、

ウィルパワーも良い睡眠を取る、エネルギー源となる食事を心がけるなどの行動によって補給することができます。

※引用:自分を操る超集中力

集中する時に

特に使用する脳(前頭葉)があり

それは有限だということです。

自分にとっては

有限ということを認識することも

すごい学びになりました。

だって

明日からがんばる!!。。って

意味ないとわかったからです。

主に睡眠で回復する有限の資産が集中力。

だったら

何かの目標に向かって頑張るのなら

コツコツ毎日がんばるのが

一番効率いいってことですよね。

集中力は

どのようなメカニズムなのかを理解し

日単位で有限なものと

理解できたのも、非常におおきかったです。

集中力を高める方法_ウィルパワーを鍛える・節約する

ウィルパワーを

鍛えることや節約することで

集中力をより高めることができます。

無意識にやってることをやらないように意識するには、強い集中力を必要とするから

※引用:自分を操る超集中力

例えば、

猫背の人が姿勢をよくするように

意識することが

無意識の意識化になります。

このような無意識の意識化は

非常にウィルパワーを使うのですが

これを繰り返すと

ウィルパワーを鍛えられる

ウィルパワーを使うことなく集中する状態を

作れます。

これが

習慣化です。

習慣化するとウィルパワーを節約できます。

ウィルパワーを鍛える

習慣化する

ウィルパワーが節約される

という好循環になるのです。

この理解をベースに

集中力を高める実践方法が

『自分を操る超集中力』

第2〜4章にのっているので

自分で実践しやすいことから

実践していくのがいいと思います。

数ある実践方法の中で

わたしがもっとも参考になったのが

第4章で主に述べられている

集中力を自動で作り出す時間術についてです。

集中力を高める方法_時間術

f:id:zenmayan:20160727084549j:plain

集中力を高めるには

時間術が大切だと痛感しました。

集中という作業は、結局のところ

時間に制限を設けた中で行うものと考えているからです。

そして、この25分間では、「1つのこと」に集中してください。

「この25分で、これだけやればいい」と思うと、それ以外考えなくて

済むようになる。つまり、迷わなくなるのです。「集中する」ということは、

「やることに注目する」ということ。この「他のことをしない」「代わりのことをやらない」というルールを守るだけで、集中力が必ず高まります。

※引用:自分を操る超集中力

この文章でも書いているように

1つのかたまりの時間を集中タイムととらえ

集中タイムに1つの物事に取り組むことが

習慣化すると、集中力が高められます。

一見、無駄に思える3分や5分の休憩を取ってでも作業を中断し、15分、25分の集中で一気に片づけていくほうが効率的です。加えて、集中と休憩のリズムが自分になじみ、成果が出せるようになると、自然と集中力が続く時間は延びていきます。

※引用:自分を操る超集中力

飽きる前に散らす。

まとまった時間は短く切る。

これにつきます!!

自分もよく陥るなのですが

90分集中しよう!

と思ったとします。

これはそもそも

集中すべきことが具体的にわかっていない証拠です。

具体的にわかっていたら

もっと細かく・短い時間の作業になるからです。

これ非常に重要です。

仮に

90分集中のままだと

ダレて集中できないし

そもそもの取り組む内容を

本質的にわかっていないから

結局、

取り組んだことが途中で終わってしまいます。

とにかく

何かに集中する前に

細かい時間で区切ってから

物事に取り組むことをおすすめします!!

集中力を高める方法_番外編

最後に、方法論ではないのですが

集中する前に、知っておくとよいことを

ひとつ。

ポノドーロ・テクニックの優れた点は、「やる気が起こるから行動するのではない。行動したからやる気が出る」という作業興奮の原理を実践しやすい点にあります。

※引用:自分を操る超集中力

そうなんです。

とにかく行動することが大事です。

今日は、やる気がでないなぁ。。

って思ったとしても

行動しましょう。

そうすると少しづつやる気がでてきて

集中して取り組みたくなってきます。

なので、

集中力が仮になかなか高められなくても

諦めず、行動していきましょう!!