読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

ベンチャーで働いているあなたへ。ベンチャー魂ありますか?

【スポンサーリンク】

先日、知人と久しぶりに焼肉を食べた。

知人は、すべて仕事を通して知り合った人間。

そして、今ではみな別々の会社で働いている。

 

 

大手企業・ベンチャー企業・起業した者、そして私。

見事なまでに、今はみんなバラバラな環境である。

 

 

バラバラな環境だけど

過去に切磋琢磨して働いた仲間なので

会話は非常に盛り上がって楽しい会だった。

 

ベンチャー魂とは

ベンチャーで働いていて、本当にベンチャー魂がある人っていますかね?」

ベンチャー企業で働いている友人が切り出した。

そのテーマで一気に話が盛り上がった。

 

 

 

ほとんどの人間が、結局は組織を意識し過ぎて

大企業のような文脈で働いている、という発言が印象的だった。

 

 

要は、枠を作るのではなく枠にはめに行く人間がほとんどらしい。

枠をはめに行く時点で、評価を意識した行動が中心となり

結局ところ、大企業で働くスタイルと似てくるのだという。

 

 

まあ、ベンチャー企業の場合、その枠を競う人間が少なくチャンスは多いが

たしかに、枠をはめにいく行動は、大企業と似ている点なのかもと思った。

 

 

ベンチャー魂とは、自分で『枠』を作る人

そして、課題解決欲求よりも、評価欲求の方が人は成長するのかなと思った。

 

 

会社の課題を解決

評価される

 

よりも、

 

評価されたい

会社の課題を探して、評価されるか周りの空気を読みながら

課題解決方法をさぐる

 

の後者の方が、多いのだと思う。

 

 

そして、おそらく前者の方が結果評価もされるのではないか。

 

やっはり

課題を本気で解決したいと思っている人は

結果的に、課題解決のために周りを動かすことになるのだから。

そして、その一連の行動を成し遂げた人間は、成長するのだと思う。

 

 

ベンチャー魂。

ベンチャー企業だろうが大企業だろうが関係なく

成長に必要なマインドだと思った。