読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

体験不足な自分ヤバイ。。『売らずに売る技術』を読んで

【スポンサーリンク】

 

マーケティング。。

 

プロモーション。。

 

これまでマーケティング用語の定義を

しっかり理解していませんでした。

 

※(わたくしは、約10年弱WEBマーケティング中心としたマーケティングのお仕事をやってきております。)

 

概念の理解って必要かな??

と思ってました。

f:id:zenmayan:20160206113442j:plain

 

 

といいますのも

獲得(アクイジション)メインの

WEBマーケティングをメインでやってきたので

 

※例)八百屋で、キャベツを

いっぱい売ることをミッションにした

マーケティング

 

マーケティング概念の理解は

獲得という成果には

直結に結びつかないからです。

 

WEBマーケティングだけでなく

TVCMを放送する様な

いわゆる、マスマーケティングも

実施しましたが

 

 

考え方は、変わりませんでした。

 

 

獲得は

その広告(商品)をみた時のインパクトと

広告効果の因数分解作業

そして、その因数分解を

いかに細かくやれるか。

これにつきると思うからです。

 

そんな中、最近は

検討商材のマーケティングに

(家や住宅ローン保険など、高額で購入までに比較的時間のかかる商材)

取り組んでおります。

 

検討商材は 

獲得数が多くない商材なので

インパクトと因数分解をもとにした

マーケティングだけでは

限界があると感じております。

 

購入プロセスも重視しないといけないと

思い始めました。

 

今までもプロセスは意識していたのですが

どのような時に人の心が動くのかを

深く突き詰める必要があるなと思いました。

 

購入プロセスを勉強するため 

むさぼるように本を読んでいた中

以下の本を読んで、

自分自身に絶望をしてしまいました。。

 

 

この本で語られている内容は

私が1人のマーケターとして

抜け落ちていた大切な点を

気づかせてくれたのです。

 

【目次】 

 

体験の重要性

 

この『売らずに売る技術』は、

ラグジュアリーブランド(高級ブランド)の

近年のマーケティング活動をまとめたものです。

 

 

・モノよりも体験にお金を払う今どきの消費者

・リピーターを生むのは五感を刺激する体験

・「わざわざ行く価値」がなければネットに負ける

・リアル店舗を「ブランド体験スペース」とみなせ

・体験はソーシャルメディアの口コミの起点になる

※『売らずに売る技術』P.216から引用

 

 

上記は、

『売らずに売る技術』のChapter5の

まとめの内容です。

 

この中でも

体験にお金を支払うという内容についての

説明が自分が欠けていた点を

呼び起こしてくれました。

 

わかってはいたのです。

体験の重要性を

ソーシャルゲームの

新規会員・既存会員リピートマーケティングを

実践していたので。

 

体験は

課金につながる要素の

1つだったからです。

 

また

すっかり定着したアイドル文化も

体験によってつながる課金が

頻繁になされていました。

 

近年のコンテンツ産業では、

このような体験がないと

ファンが定着しないのです。

それは、2011〜2014年にやってきた

自分の仕事でわかっていたつもりだったです。

 

 

本当の意味の体験に、この本を読んで気づきました。

 

この『売らずに売る技術』で

取り上げているのは

高級ブランドです。

 

つまり

比較的購入頻度が多くない

且つ、有形の商材です。

 

コンテンツでなく

そのような商材でも

体験が重要なんだと知りました。

 

そして

体験とは、

自分が思っていたよりも、もっと広義だし

自分がもっと体験しないと

ダメだなと思いました。

 

体験不足な自分が、

これから1人のマーケターとして

やっていくためには

もっとリアルな体験を経験しないと、

と思いました。

(リア充だけの意味のリアルでは、ありません。)

 

 

そうなんです。

この『売らずに売る技術』にも、

書いてあるのですが

体験とは、五感を刺激するものなのです。

 

わたくしの中での、

体験とは商材がコンテンツでの体験のみを

指していました。

 

なので

実際に自分が体験していたことも

ゲームやアイドルなどのヲタ的な体験でした。

 

また

ヲタの中では、かなりライトな方でした。

正直、仕事きっかけでゲームもアイドルも

接点を持ち始めたところもあります。

 

そして、リア充でもありません。。

中途半端なんですw

 

これは、まいったなと。。

絶望感です。

 

いまのままだと

五感を刺激する体験は得ることができず

完全に見失う領域なのです。

 

 

体験するための心構え

 

凹んでいてもしょうがないので

今からでも五感を刺激する体験を

いっぱいしていこうと思います。

 

そして、五感を刺激する体験をするための

自分なりの誓いをまとめました。

 

・先入観をもたない

 

・テーマがある場所にいく

   普段ふれていないテーマが望ましい。

 

・リアルとネットの両者。

 どっちかだけは、ない。

 

 

頭でっかちにならないで 

色んなものに触れて

体験の経験値を増やしていきます。