読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

34歳の転職。転職1年目で思うこと。

【スポンサーリンク】

2015年は、仕事が変わりました。

今年は、転職をしました。

 

f:id:zenmayan:20151229010434j:plain

 

 

厳密に言うと、

2014年12月15日から

今の新しい会社へ転職したのですが

簡易な引き継ぎが終わって

仕事が稼働し始めたタイミングを考えると

2015年に転職したといっても

いいのかと思います。

 

 

 【目次】

 

 

34歳の転職。率直な感想

 

正確にいうと会社は変わったけれど

業務は変更しておりません。

引き続き、マーケティングのお仕事を

しております。

 

つまり

環境は変わったけど仕事は変わってない

ともいえるのです。

 

けれども

私としては、仕事が変わったなというのが

率直な思いでした。

 

34歳の転職。迷いはありませんでした。

 

私は今までずっと

ネット業界で就業しておりました。

2015年12月で、私は社会人として

約9年間働いたことになりますが

ネット業界で、約8年間働き

2015年からは、金融業界で初めて働き

約1年間働きました。

 

正直、34歳の転職

不安は全くありませんでした。

 

といいますのも

過去の経験と自分の性格を考えて

楽観的に捉えていました。

 

私は

学生時代からネット系ベンチャー企業で

働いてました。

 

ネット系ベンチャー企業に多い

人の移り変わりが激しい環境には

慣れておりました。

 

なので、

人が転職することにあまり抵抗がなく

自然と自分の居場所や、

やりがいを見つけられるように

なっていました。

 

また

社会人になってからは

実際に、転職も1回経験し

充実して働いていたので

転職には苦手意識がありませんでした。

 

自分は、良くも悪くも

その場の雰囲気に染まる傾向にあるので

転職してもその会社に慣れないと感じることが

少なかったです。

 

前の会社と、今の会社の比較をしても

違う点があって当然だし

そんなもんだろうと、自然な感じで割り切り

楽しくその環境に、染まっていくので

時間が経てば経つど

その職場の空気に、慣れていきました。

 

さらに、自分が転職した金融業界は

ネット企業で働いていた時に

お取り引きをしていた、

お客さまが多かった業界だったので

親近感もあって、余計に抵抗がなかったです。

 

 

34歳の転職。結論なんてだせません。

f:id:zenmayan:20151229011518j:plain

 

正直、今回の転職では、苦しんでいます。

なんの価値観で働けばいいのか、

定まらなくなってしまっています。

今の自分、今の自分の目標に

自信が持てなくなっている気がするのです。

 

『今までのスキルがあまり活用できない』

 

『いいや、今までのスキルなんて関係ない。

 大人が成長しないのはプライドが邪魔をする  

    からだガムシャラになれ!』

 

『プライドを捨てるまで、

   その会社が好きなのか、逆にプライドに

   拘ってられない理由があるのか。』

 

『自分自信を保つのかそうでなく、

   自分のことなんて気にせず働くのか、、、』

 

『極端な話、自分軸を持ち続けるなら

 起業するしかないのか。』

 

『せめて

 裁量権のあるスタートアップにいって

 チャレンジする方が、いいのだろうか。』

 

『今の気持ちは逃げじゃないか。

 本当に転職したら解決できる問題なの

    だろうか。』

 

などと、いろんな感情が沸き起こってきます。

もちろん、転職した時に

決めた目標もあるのですが

その目標が叶いそうにない、

という現実に直視してしまった事が

大きいのかもしれません。。

 

何を軸にして働けばいいのか

まだ、わかりません。

この年齢・タイミングになって

迷ってしまっている感じです。

年齢のこともあって正直焦ります。

35歳前に落ち着きたいのですが、

正直迷ってます。

 

迷っててなにも行動しないのも

すごく不安なので

自分の市場価値を認識するようにしております。

 

市場価値を認識する場合

転職エージェントに会って話をしたり

手間がかかるイメージをお持ちだと思いますが

MIIDAS(ミーダス) のようなアプリを利用すれば

手軽に市場価値を知れます。

 

迷っている時だからこそ

冷静に市場価値を把握することが

まずは、大切かなと思ったりもしてます。