読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

未経験での正社員転職の落とし穴

【スポンサーリンク】

どもども!

ゼンマヤン(@zenmayan)です。

 

働いてるみなさん

元気ですか!!

 

日々働いていると

もう仕事辞めたいなぁ。。

なんて思ってしまうこともありますよね。

 

そんな時、

こんなウェブの広告を目にすると

心が揺れますよね!!

f:id:zenmayan:20160618125430j:image

 

 

あー!

未経験で正社員採用で転職できるなら

転職しようかなー!

 

でも。。

よくよく考えると

未経験なのに正社員で転職するって

 

そんな簡単なのか?

なんで良く見かけるのかな?

 

などの疑問がでてくると思います。

 

この「未経験で正社員」という

フレーズは

気をつけないとと思っております。

 

それは未経験の裏側にある

さまざまな意味をしっかり認識している必要が

あるからです。

 

そんな未経験での正社員採用について

まとめました。

 

 

未経験で正社員ってほんと?

f:id:zenmayan:20160618124134j:plain

 

 

そもそも未経験での正社員転職ってできるものなの?

 

と疑問に思う人は多いと思います。

 

実際はできます!

未経験の正社員転職がしやすい業界・会社が

どのような理由によるものか理解しておく

必要がございます。

 

どんなところが

未経験での正社員転職しやすいか。

 

それは、

人員に対しての需要と供給で

需要の方が多くなっている業界・会社です。

 

シンプルに人が足りていないのです。

 

 

人が足りていないのはわかった。

スキルは必要ないの?

と思うかもしれません

 

スキルの判断は、

採用する企業によって様々です。

 

  • OJTで育てる。
  • 採用した人のうち、何割かが残ればいいという割り切り採用。

 

など考え方はさまざまですが

人が足りていない会社の採用は

スピード重視で人を採用していく考え方になります。

 

 

未経験がゆえの認識しないとけないデメリットは? 

f:id:zenmayan:20160618124612j:plain

 

 

未経験採用がゆえのデメリットってあるのか?

 

当然あります。

 

よく考えてください。

未経験での正社員採用です。

新卒でもないのにです。

 

当然なにかしらのデメリットはあります。

 

デメリットは

採用された年齢が何歳であろうと

その採用された会社では

 

0からのスタートになります。

 

つまり

前職で積み上げたきた実績は、基本的にはなしになります。

 

意外と、これを認識していないで

未経験の正社員転職をする人が多い印象です。

 

新卒と比較して

社会人経験もあり年齢も上になるので

 

転職したら短時間で成果を残すために

コミットする必要がございます。

 

しかも

転職後の半年くらいで

その会社でのあなたのキャラが

ある程度きまる傾向にあります。

 

なので

未経験での正社員転職をしたら

短期間で成果を出せるように

一心不乱で働く必要があります。

 

 

未経験とはいえ、未経験の正社員転職で必要なものは?

f:id:zenmayan:20160618124807j:plain

 

 

未経験で採用ということは

採用試験を受ける前に、

特に必要なものはない。

 

だから

あとは採用試験を受けるのみ!

 

。。そんなことはございません!!

 

とっても大事なものを

認識し忘れております。

 

それは

若さです。

 

ずばり

若さがないと未経験での正社員採用で

内定をもらうことは、

ほぼできないと思います。

 

未経験での正社員採用が

実は、若さによるものと暗示しているのが

 

いわゆる

35歳正社員転職限界説

なのです。

 

 

35歳正社員転職限界説の背景

 

35歳正社員転職限界説って

オモテとウラがございます。

 

 

オモテは

 

未経験でなく

実績をもとに正社員転職される方は

35歳以上でも正社員転職できます。

 

ただ

実際案件数も減るし、成約率が低いのが

35歳以上の正社員転職のオモテの姿です。

 

 

案件数が、なぜ少なくなるのか。

 

なんだかんだ企業は

若くて染まっている色が薄い人材を

好むからです。

 

 

成約率(マッチ率)が、なぜ少なくなるのか。

 

理由は、2つです。

 

1つ目:

実績前提の場合は、求める人材像が具体的になるので

その分、成約率(マッチ率)は低くなるのです。

 

2つ目:

対外的に示せる実績を残している人なんて

そもそも少ないのです。

 

対外的に示せる実績を残せる場合は

基本的に、成果に直結する業務に

いないといけないし

 

成果をだすプロセスを

主体的に発揮した実績がないとだめです。

 

そうなってくると

業務の制約もあり対外的に成果を示せる人って

意外と限られているのです。

 

※これは、あくまで基本でありそう、当てはまらないケースもございます。

 

つまり

売り上げに繋がる部署にいる人の方が

対外的に示せる実績を残しやすいので

転職しやすいのです。

 

また

年齢が35歳上だと年収も割高になるので

採用する企業側も、すごく慎重になるので

成約率が低いともいえると思います。

 

 

ウラは

 

35歳正社員転職限界説をうたっていた方が

人材会社の生産性が高いのです。

35歳以上の正社員転職のウラの姿です。

 

だから

35歳になったら必ずしも

正社員で転職できないわけでなないのですが

35歳正社員転職限界説をうたうのです。

 

つまり

案件数も多くて、成約率が高いところに

求職者を増やせるように

人材会社の啓蒙活動みないなものです。

 

まとめ

 

未経験の正社員転職は

 

  • スピード重視で従業員数を増加させたい企業の案件が多い。
  • 転職後は、早めに成果をだすようにがんばった方がいい。 
  • なんだかんだ、若いと有利!

 

35歳正社員転職限界説は

オモテとウラがある。

 

未経験での正社員転職を検討する場合は

このオモテとウラを認識してから

転職活動を開始しよう。