読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

名物ローストビーフ丼は、ランチのコスパ最強!リブラボキッチン 豊洲店

【スポンサーリンク】

 

どもども!

ゼンマヤン(@zenmayan)です。

 

コスパのよいローストビーフ丼を、ランチで食べました!

f:id:zenmayan:20161009112614j:plain

 

 

豊洲駅にある『RIBLAB KITCHEN(リブラボキッチン)』というお店のローストビーフ丼です。

 

 

お店までは、東京メトロ有楽町線豊洲駅 1c 出口から徒歩 1 分。また、ゆりかもめ線豊洲駅からは、徒歩 6 分です。

 

※豊洲以外にも、品川・横浜。関西だと、神戸にも店舗がありますよ。

 

【目次】

 

リブラボキッチン豊洲店の名物ローストビーフ丼とは

 

リブラボキッチンの人気ランチメニューです。

f:id:zenmayan:20161009112457j:plain

 

ランチメニューは、このローストビーフ丼以外にもありますが、ローストビーフ丼を注文している人が、多かったです。たしかに、見渡す限りでは、ローストビーフ丼を頼んでいる人が多かった。それだけ人気のランチメニューなのでしょう!

 

ローストビーフの下には、キャベツがあります。半熟卵とキャベツとタレをよく絡めて食べるのがおすすめです。

f:id:zenmayan:20161009112640j:plain

 

また、ローストビーフ丼だけでなく、ミニサラダとスープ、が付いてきます。品目が多く、バランス良いランチといえそうです。

f:id:zenmayan:20161009112513j:plain

 

 

ドリンクは、ドリンクバーです。お茶類・オレンジジュース・コーヒーとスタンダードなドリンクメニューが揃ってます。  f:id:zenmayan:20161009114136j:image

 

 

ローストビーフ丼だけでもガッツリ食べれるし、サイドメニューも充実しているので、コスパは間違いなくいいといえると思います。ランチで1,000円以上なので金額としてはやや高めですが、味と量ともに申し分ないです。

 

 

名物ローストビーフ丼のMサイズとLサイズの違い

 

ズバリ、MサイズとLサイズのどっちを注文すればいいのか、迷うと思います。実際わたしも迷いました。Mサイズで、1,000円するから、どうせなら量が多い方がいいのかなぁ。。とはいえ、多すぎて食べきれないのも嫌だなぁ。。といった感じで、迷うと思います。なので、わかりやすくサイズ比較をしてみました。

 

左が、「Mサイズ」・右が「Lサイズ」。さすが「Lサイズ」。山盛りになってます。

f:id:zenmayan:20161009112519j:plain

 

 

やや斜めから撮影。ローストビーフの量がわかりやすく違いますね。

f:id:zenmayan:20161009112528j:plain

 

 

30代男性という個人的な意見だと、Lサイズ推しですかね。丼ものって、高カロリー高炭水化物なので、普段食べる機会が少ないのです。健康面を考慮してるので。ローストビーフは、カロリーも比較的少ないので、せっかくのガッツリ食べる機会と考えたら、Lサイズがいいのかなぁと思いました。

 

ちなみに、Sサイズはございません。

 

 

リブラボキッチン 豊洲店の店内の様子

 

店内は広めで、「テーブル席」と「ソファー席」に分かれます。

奥が、「テーブル席」で手前が「ソファー席」になります。

f:id:zenmayan:20161009112538j:plain

※角度が悪くて、すいません。。

 

 

特に、ソファー席はおすすめです。かなりゆったりとしたソファー席です。

f:id:zenmayan:20161009114853j:image

 

 

お店のスタッフさんの人数が少ない時は、ソファー席に座るには、少し待つ場合もあるようです。

 

まとめ

リブラボキッチン 豊洲店の名物ローストビーフ丼は、コスパがいいです。ローストビーフが美味しいし、サイドメニューも充実してます。またサイズは、ガッツリいくならLサイズがおすすめ。店内の雰囲気も素敵。時間があるなら、ソファー席でランチを食べてみて!