読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

【ブログ始めようと思っているあなたへ】開始3ヶ月目。ブログを書き続ける理由。

【スポンサーリンク】

ブログを書き始めて、約3ヶ月が経ちました。

 

毎月の目標記事数は未達なんですが

ブログを書くことを楽しんでおります。

 

正直、3ヶ月も続くのか不安でしたがw

 

まだ早いかもしれませんが

このタイミングで、なぜ自分がブログを書いているのか

自分なりの考えをまとめてみました。

 

以下の3点が、ブログを書き続けている主な理由です。 

 

1.自己表現

2.市場の勉強

3.これからの時代に必要なスキル

 

1.自己表現

 

自分を表現したい気持ちが、常にありました。

人と語り合うのが昔から大好きです。 

 

自分の思いや考えを、人に伝えることは

楽しいなと、ずっと思っていました。

 

承認欲求が、自分は強いのだと思います。

 

f:id:zenmayan:20160110215042j:plain

 

ネットを使えば、自分の思いや考えを

不特定多数に伝えることができます。

 

自分の考えを伝えるには

文章量や表現的にも

ブログが一番合うのではないかと思ってました。

 

ずっと表現したい思いはあったのですが

なぜこのタイミングで始めたのかは

年齢社会人経験によるものが大きい気がします。

 

現在

34歳なのですが、やはり年齢を重ねると

時間は有限だなと感じる機会がふえます。

 

※もちろん、個人差はあると思いますが

 私にとっては、この32〜3歳で、感じる期間が多かったです。

 

自分の心にひっかかってる

”やってみたいけどやれていないこと”は

やらないとマジで後悔すると思い始めたのです。

 

あと

社会人(自分の場合は、サラリーマン)になると

自分の意見を言えないケースや立場に

遭遇することも多かったので

ブログで自分の率直な意見を

まとめる場所を作りたかったです。

 

ネット系企業で働いていることもあり、年齢も近い人が多く

個人的には、ストレスが少ない方だと思うのですが

それでも、会社という組織上発言できないこともあるので

言えないこともけっこう多いなと感じていました。

 

 2.市場の勉強

 

自分は、自分でお金をまわしている人への

コンプレックスがありました。

 

やっぱり、自分の力でお金を生む人は

かっこいいなという思いがあります。

 

f:id:zenmayan:20160110215253j:plain

 

社会人でいくら年収が上がっても

本当に本当に個人的な意見ですが

憧れという羨望の眼差しでみることができないのです。

 

※もちろん、素晴らしいなとは思うし

  なりたいなとも思うのですが

  どうしても、自分でお金を生み出している人は

  サラリーマンがもっていない決定的な何かをもっているように

  思ってしまうのです。

 

あえて言葉を選ばずにいえば

「市場=会社という組織内」か

所謂、普通の市場に目がむいているのか

が決定的に違いと思っております。

市場に目が向いている人の方が、真の実力があると思うのです。

 

※もちろん、会社で働いている全ての人が

  市場意識がない。もしくは市場で働いていないとはいいません。

  ここでは、わかりやすく2つに分けております。  

 

市場に向けた活動は、ブログでも実践できると思うので

ブログを書いている側面もあります。

 

自分は市場だけで勝負する力がないと思っているので

ブログで練習したいのです。

 

検索エンジン・ソーシャル・記事のネタ

編集・ブランディング・マネタイズ力など、

ブログで身につけられる市場力は

多くあると思っております。

 

3.これからの時代に必要なスキル

 

2020年以降、「個」の時代になると言われています。

 

www.mugendai-web.jp

 

私は、その考えに共感しており

本当に「個」の時代になっていくと思います。

 

データのログも多くなり、細分化もしていく環境下で

より小さい単位でのマッチングやグループができあがっていくし

その際は、「個」の色がないものはマッチングやグループから

はみ出てしまうと思うからです。 

 

要は

自分は何者で、何ができて何に興味があるのか示せないと

そもそも自分の「個」を確立していけないと思うのです。

 

自分の「個」を確立するためには

ブログというツールは「個」のベースになると思っているのです。  

 

いろいろ語っておりますが

ブログを開始してまだ3ヶ月目ですので

今日語ったことを形にしていくために

ブログをこれからも書いていこうと思います。